髭を剃る事が習慣づいてはいますが、本当は髭が邪魔と感じるのです。

毎日剃る髭は、とても面倒くさいと思うのです。

でもお顔の髭も、突然生えたというものではなく、現在に至っています。
毎日剃る髭には、習慣となってはいます。

あまり毛深い人でない男性は、毎日剃らなくてもよいですから、邪魔とも思わないと感じるのです。

私の場合は、毛深いのでお顔の部分を毎日剃らなけらばとても無精ひげとなってしまうのです。
身体の体調が良い時には、出勤前に剃る事は定期的な処理方法をとります。

でも、もしこのお顔に髭がなかったら、邪魔ではないのにと思うのです。

またもし毛深くなければ、毎日ではなく一日おき位に髭を剃る事でよいのです。

そして体調が優れない時に、出勤する前にそるお顔の髭には、とても気力も少ないものです。

その様な事でお仕事が休みの日外出しないで家で過ごす時は、お顔の髭を剃る手間を省略するのです。
一日剃らない事でも人にも目立ってしまう長さとなります。

私の髭が毛深くても、衣服でまとっている部分にあるなれば、お顔程には邪魔とは感じないのです。

私の場合は、邪魔な髭がまだ他の部分にあります。
下半身・手首から肘にかけて・乳首と乳首の間にキューピーさんの頭の様な毛があります。

これらは邪魔である事と、くろぐろとした色となっています。

最近は男性でも脱毛して、生えた毛を邪魔と感じない傾向があります。
私も邪魔な毛と感じる乳首と乳首の間の毛を、カミソリで剃ってみました。

その事ですっきりとし、邪魔な髭とは感じなかったのです。
永久脱毛した胸の部分ではないですから、また時間が経つことで生えてきました。

邪魔な髭と思うのですが、50歳の男性であることから、髭を剃る事が習慣づいているのです。
ある朝、いつも通り髭を剃っていると娘にヒゲ脱毛を勧められました。娘に勧められると断れない・・・。「パパの会社の近くなら通いやすいでしょ!」なんて言われ、職場のある町田のヒゲ脱毛サイトを教えてくれました。

お小遣いの範囲で通えそうなら、通いたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です